無料ウェビナー開催 1月26日(水)14時00分~14時30分
在庫確認無人化自動化の成功事例
​製造業

スマートマットクラウド導入の効果を製造業の事例でご紹介

【在庫管理業務の課題】

適切な在庫管理は生産性の維持向上とスムースな事業運営には欠かせませんが、以下の様な解決すべき課題があります。

1.人手と手間が必要

量と種類が多くなれば要する人手と時間がかかり、適時な在庫確認が困難で生産性向上の妨げになります。

2.ヒューマンエラー

人手によるため在庫量の確認間違い、手作業の記録間違い、発注忘れ、過剰発注等は在庫量過不足の原因で生産性に悪影響を与えます。

3.ノウハウが共有し難い

在庫確認等細かな作業では、ノウハウが属人的になりやすく共有し難くなってしまいます。

重量をもとに在庫を自動で確認し、自動発注が可能なスマートマットクラウドならば人手も不要で常時見える化して現在の在庫を確認可能で、上記のような課題を難なく解決します。
​本セミナーでは導入事例と、実際のスマートマットクラウドの管理画面を使った説明により、皆様の生産性向上の一助となることを目指します。

参加申し込みフォーム​    *は必須です。

お申込みありがとうございました

左の申込フォームからお申込みください。
折り返し(ミライト情報システムDXWEB)からウェビナーリンクをメールでお知らせいたします。


【開催日時 どちらか選択してください】
2022年1
月26日(水)14時00分~14時30分

【内容】
1.在庫確認の課題
      ミライト情報システム 野田
2.​スマートマットクラウド概要と製造業の導入事例  
   
       講師:スマートショッピング社 後藤様


【参加特典】
​アンケートご回答いただいた方に本セミナーの資料を進呈いたします。